fc2ブログ

むかふ~ん日記

Home > 2012年10月24日

ペーパードライバー(2056)



    研究チームの研究発表や打ち上げが終わり、
    ゆめはやっと普段の生活リズムに戻ったんです。


私 「少林寺拳法教室がもうすぐ終わる時間だから、
    一緒にナルを迎えに行こうよ。
    ゆめが車を運転して!
    このところずっと運転してなかったでしょ?」

ゆめ「あ~、そういえばそうだね。
    3~4ヶ月運転してないかも。
    じゃ、私が運転していくよ!」


    ゆめは車の運転席に乗ると、


ゆめ「ん?ドアミラーがたたんである。
    どうやって開けるんだっけ・・・ま、いっか。
    見なくても運転できるし。

私 「やめてーーー!!
    右の奥にあるボタンを押すんだよ!」

ゆめ「冗談だよ。ドアミラー見て運転するってば。」


      (;´Д`) 冗談になってないYO! 




・・・・・ゆめが運転し始めて5分後・・・・・


私 「な~んだ。結構ちゃんと運転できるね。
    ペーパードラーバーになっちゃうかと
    心配してたけど、だいじょうぶそう。」


ゆめ「へへへへ。
    女の子にしては運転がうまいほうでしょ?
    教習所でもよく褒められてたんだよ~♪」


私 「あっ!次の角を右に曲がって!」


ゆめ「こっちだね♪」


    ハンドルをきって左に曲がろうとするゆめ。


    e2056.gif



私 「ちがーーう!そっちは左!」
    

ゆめ「ありっ?ごめんごめん。あはははは。」

私 「ε-(ーдー)ハァ まったく!
    あいかわらず右と左をよく間違えるんだね。
    右はお箸を持つほうの手だろ!」

ゆめ「私、器用だから、右でも左でも持てるも~ん♪」

私 「そういう問題じゃないの!」(怒)



     私が「右」だの「左」だの指示しながら、
     なんとか目的地に到着。

     稽古が終わったナルが車に乗るとき、



ナル「おっ!今日はゆめちゃんが運転か。
    じゃ、スリルを味わいたいから
    助手席に乗ろうかなぁ♪
」 (・∀・)

ゆめ「おいっ!」(怒)

私 「ナル、今日は後ろにすわって!
    ゆめは久しぶりの運転だし、道をよく間違えるから
    私が道を教えなきゃいけないんだよ~。」

ナル「仕方ないな。後ろにすわるよ。
    しかし、ゆめちゃん、ここには何百回も来てるだろ?
    いまだに道を覚えてないのか?
    なさけないヤツだなぁ。」


ゆめ「自分で運転するのと、ぼんやりすわってるのは
    大違いなんだよ!
    車を運転してここに来たのは5回目くらいだし、
    道を覚えてなくても仕方ないでしょ!」


     (-。-;) いや、5回目なら覚えろよ!
          ここまでの道、すごく簡単だよ?



私 「じゃ、帰り道は自分一人で運転できる?
    来た道を戻るだけだから、できるよね?」

ゆめ「できるよ、たぶん♪」

ナル「たぶんかよっ!」(・∀・)

私 「まあまあ! じゃ、ゆめ、頑張って!
    私はできる限り黙ってるからね。」


ゆめ「うん、わかった~♪
    え~っと、最初の角を左・・・」


私・ナル「ちがーーう!!
    そっちは家と逆方向!」



ゆめ「はははは。」(^◇^;) 




    ついつい間違いを指摘してしまったけど、
    ゆめの判断どおりに進んだらどこに行ったのかなぁ。
    興味があるので、次こそは指摘しないつもりです。
    (山奥にむかっていったような気がするけど。汗)





ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

  
 


スポンサーサイト



Copyright © むっか(mukka)