あけおめことよろ(2395)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。(・∀・)
 皆様にとって今年がいい年でありますように♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





   1月1日の夜、家族でのんびり
   モンハン4G(3DS)していたときの出来事。



ゆめ「次、古文書のウカムルバス、やろう!
    でも、あれ、すっごく難しいから、
    野良(インターネット)で部屋をたてて
    誰かを入れて4人で戦おうよ!」

ナル「野良かぁ・・・変なヤツがきたら嫌だな。」

ゆめ「挙動不審な人が来たら
    メンバーから はずれてもらうから!
    『部屋からはずす』をタッチすれば
    いいんだったよね?」

私 「うん、そう。」


    ゆめがカギ付きの部屋をたてて
    家族3人が入室。
    ほかの誰かが入ってこれるよう、
    ゆめがカギをはずす直前、


私 「あっ、そうだ!
   あけおめことよろって言葉があるじゃん。
   あの言葉をチャットで打ったら、
   真ん中のほうが伏せ字になっちゃうから
   覚えておいたほうがいいよ。
   伏せ字のあるセリフを打ってる人は
   アヤシイけど、その言葉のときは
   変な人じゃないから!」

ゆめ「えっ?意味がわかんない。」

私 「仕方ないなぁ。やってみるよ。
   あけおめことよろ・・・送信!」

          ↓

    あけ※※※とよろ
      (ゆめとナルのチャット画面)


ゆめ「ほんとだーー!
    『あけおめことよろ』、
    なんで 真ん中の3つが
    伏せ字になっちゃうのーー?」



     e2395.gif


ナル「ぎゃははは!」(≧∇≦)

ゆめ「ナル君はわかってるの?
    なんでなのか、教えてよーーー!」


     (^◇^;) ナルに説明させるのは
          ちょっと・・・


私 「えっと、それは女性の性器の名称です。」

ゆめ「そんなの、習ったことないし、
    人から聞いたこともないよ!?」

私 「私も大学生になったばかりの頃は
   知らなかったんだよね。
   学校で習う言葉じゃないんだよ。
   一般的・・・じゃないかもしれないけど、
   男性性器を チンコと呼ぶように、
   女性性器を チをマに代えて ンコ
   または 今の伏せ字部分で呼ぶのです。」

ゆめ「えーーー!
   変だよ、それっ!」


私 「私にそう言われても・・・
    ま、そういう言葉があるってことで。」

ゆめ「だって、変じゃない?
   チンコの反対は、マンコ!
   それだけでいいでしょーー!」



     (。´Д⊂) ウワァァァン!!
           はっきり言うな!



     私がゆめに教えている間、
     ナルは楽しそうに笑っておりました。



     ゆめの立てた部屋にはすぐに
     強そうなハンターが来てくれて
     ウカムルバスの討伐に行ったけど、
     結果は失敗!
     ウカムルバス、強すぎです(ノд-。)


     野良の部屋立てして年度も遊んだけど、
     「あけおめことよろ」ってあいさつする人は
     一人もいませんでした。
     説明して損したかも・・・ハハハ(^◇^;) 








ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




スポンサーサイト

初詣(2396)



   うちの家族は人混みが苦手なので、
   「初詣は1/3にしよう」と言っていたのですが


ゆめ「おはよう~。」

私 「おはよう。今日は初詣に行くよ~。」

ゆめ「あ~、そうだったっけ。
   ・・・外は寒いしめんどくさいから、
   初詣やめようよ~。」

ナル「えっ!?」


    e2396.gif


私 「ナルは今日 初詣に行きたいって!」

ナル「いや、行きたいわけじゃないが・・・
    初詣は行くべきだろ!」

ゆめ「じゃ、初詣は明日にしよう。」

ナル「えっ!?」

私 「今日行きたいんだって!」

ゆめ「明日でもいいじゃ~ん。」

ナル「いやいや、初詣はやっぱり
    1月3日までに行くべきだろ!
    それに、明日にはお店が閉まっちゃう。」

ゆめ「お店?・・・あ~、屋台か。
    ナル君、屋台好きだねぇ。」

ナル「べ、別にスキってワケじゃ・・」

私 「体調をくずしてる人もいないし、
    今日、予定通り初詣に行こう!
    さっさと したくして!」

ナル「は~い。(・∀・)
    自分のサイフ、持っていかないと♪」
    (そわそわしながら したくするナル)

ゆめ「ナル君、オトメやねぇ。」(頭をボリボリ)

ナル「オトメじゃない!
   ゆめちゃんがオッサンくさいんだよ!



    移動の車の中でもナルはそわそわ、
    ゆめはだらだらしていたのです。

    近所の神社に初詣に行き・・・


私 「願い事、何にしたの?」

ゆめ「風邪をひきませんように!
    去年はしょっちゅう風邪ひいてたし、
    風邪が長引いてめんどくさかったし。」

私 「私の願い事も
   『家族みんな元気で過ごせるように』
   だよ。健康第一だもんね。
   ナルは何にしたの?」

ナル「教えない。
   
願い事は人に言わないほうが
    かなうんだよ♪
(・∀・)

私 「オトメかっ!
   人に言おうが言わまいが
   願い事がかなうときはかなう、
   ダメなときゃダメだろっ!」


ゆめ「それを言っちゃ元も子もないよ。
   それに、私もそういうの聞いたことあるよ。」

私 「えっ!そうなの?」

ナル「そうだよそうだよ!」(・∀・)

ゆめ「主に少女漫画でだけどね。
    リアルでそんなこと言う人、初めて見たよ~。
   さすがはナル君!
   
オトメの中のオトメ!

ナル「ちがーーーう!」(≧д≦)



    プンプンすねてたナルでしたが、
    屋台のポテトなどを買って食べたら
    すっかりご機嫌になりました。(^◇^;) 


    今年も家族みんな元気で仲良く
    すごせますように♪







ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




初めてのパーマ(2397)

          

・・・・年があけてすぐ・・・・


ナル「髪がのびてきたからそろそろ散髪・・・
    いや、俺、パーマかけてみようかな。

ゆめ「えーーーっ!いきなり何!?
    今まで私が
    『パーマかけてみなよ』
    って言ったときはスルーしてたくせに!」

ナル「心境の変化だ。」(・∀・)

ゆめ「なんだよ、それっ!」(怒)

私 「まあ、いいじゃないの。
   パーマかける気になってよかったよ。
   若いうちはいろいろ試さないとね。」

ゆめ「そうだ♪
   パーマのついでに髪の毛を染めたら?」

ナル「それは嫌だ!(きっぱり)
   ちゃらい人間にはなりたくないからな。」


     (^◇^;) ちょっと前まで
          「男のパーマは ちゃらい」って
          言ってたくせに・・・なんだかなぁ



    ナルがその気になってるので
    ネットのヘアスタイル画像を見せて
    どんな髪型にするか検討。
    近くの美容室(男性美容師が多い)を
    予約したんです。


・・・予約の日・・・


    大雨だったので、ナルを車で送迎。
    「パーマ&カットが終わったら、美容室の
     数件隣のドラッグストアの中にいること」
    と約束していたんです。


私 「・・・・」(ナル、どこかなぁ?)


     `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 


    店内にある小さい鏡を見て
    自分の髪の毛チェックしたり
    手櫛で といたりしてるーー!



    e2397.gif



     しかも、鼻歌まじり!


     ・・・・この男、ノリノリである。(;´Д`)



私 「ナル、何してんの?」(汗)

ナル「ああ、来たのか。
   いや、髪の毛が少しばかり
   気になってしまってな。」
(ムダにいい声で)

私 「少しばかり?ウソつけっ!
   メチャクチャ気にしてるじゃねーか!」

ナル「・・・そ、そうでもないぞ?(・∀・;)
    で、どうだ?
    このヘアースタイルは!?


私 「なかなかいいんじゃない?
   事前に打ち合わせしてたとおり、
   美容師さんにちゃんと
   『ふわっとした感じでお願いします』
   って言えた?」

ナル「いや、
    『ナチュラルな感じでお願いします』
    と言ったぞ。」


    (;゚;ж;゚; )ブッ ナチュラル?
            ・・・うん、まあ、いいけど


私 「美容師さんとはお話した?
   結構いろいろ話かけてきたでしょ?」

ナル「要所要所では結構話したな。」

私 「要所要所って、かたいよ!
   具体的にはどんな話したの?
   男性の美容師さんだったんでしょ?」

ナル「ああ、男性だ。
   『シャンプーのお湯、熱くありませんか?』
   『いえ、大丈夫です』
   という話をした。」


    (;´Д`) それ、話っていうか
         ただの質疑応答じゃん!


ナル「それから、パーマをかける前に
    ヘアカタログを見せられて
    『どんな髪型がいいですか?』
    と言われたんだが、
    似たようなのが多くて悩んでしまって・・
    しばらく悩んだ末に
    『これです』と指を刺して話した。」


    (;´Д`) 話したっていうか、
         オーダーしただけでは?


私 「学生さんですかとか聞かれて、
   いろいろ世間話したんじゃないの?」

ナル「学生かどうかは聞かれなかったな。
   あっ!世間話はしたぞ。
   
『パーマは初めてですか?』
   
『はい、そうです』って。」


     (yTДT)y うわぁぁぁ~ん!
           それ、世間話じゃねー!
           業務連絡だYO! 




    結局、あまり話をしてなかったようです。

    最近の美容室は、べたべた話しかけたり
    しないものなのかなぁ。
    (男性同士だからそうなのかな?)


    ふんわり仕上がったヘアスタイルに
    ナルは大満足で本当によかったです。
  







ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




パーマとメガネ(2398)


    ナルが初めてパーマをかけた日、
    ゆめはいつものように夜遅く帰宅し、


ゆめ「ただいま~。
    あれっ?ナル君、スマブラしてるの?
    いつもだったらドラクエ10してるのに。」

ナル「ああ、ドラクエのフレンドと今度
    スマブラで対決することになったから、
    練習しておこうと思ってな・・・コホン!」

ゆめ「何?その咳払い。」

私 「ナルの髪、見て!
   パーマの感想を聞きたいってことだよ。」

ゆめ「ああ、なるほどね。」

   じろっ!(ナルを睨むゆめ)

ナル「な、何?」(ビクビク)


    e2398.gif


      (^◇^;) ナル、ビビりすぎ


ゆめ「・・・まあまあじゃないかな。
    だが、そのメガネはアカン!
    オシャレな黒メガネならOK!」

ナル「別に、今かけてるのでもいいだろ!?」

    (注・ナルはメガねを2つ持っています)

ゆめ「ダサイの!
    フチなしメガネは、絶対ダメ!」

ナル「・・・俺、そんなにダサイのか。」(|||_|||)

ゆめ「いやいや!
   ナル君自体はそんなにダサくないよ。」

ナル「そんなにって・・・」(|||_|||)

ゆめ「ふつーだよ、ふつー!

私 「いや、じゅうぶんイケてるよ。
   
中の イケメンだよ!

ナル「それって普通ってことじゃないか!」
            。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


私 「あわわわ・・・ごめんごめん。
   中の上って言いたかったんだよ。」

ナル「無理にほめなくていいよ!」(≧д≦)


ゆめ「あ~も~、めんどくさいな。
   普通でじゅうぶんじゃん!
   ・・・私もスマブラやってみようかな。」

ナル「えっ?スマブラやる?(・∀・)キラッ
   じゃ、俺が教えてやるよ。
   ゆめちゃん、ゲーム得意だから
   すぐに覚えられると思うぞ。
   すぐに対戦プレイしよう。さぁ♪」


    ( ̄Д ̄;; 変わり身、はやっ!




    その後、二人は仲良くゲーム・・・
    とはいかなくて、

    「ナル君、本気だして、ひどーい」
    「思い知ったか、ふはははは!」
    「ナル君、おとなげ ないよ!」
    「まだ大人じゃないからな!ふははは!」

    もめながらゲームしておりました。ヤレヤレ 







ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




膀胱の石(2399)


    愛犬ルルが深夜から早朝まで
    か細い声で キュンキュンなきつづけて、
    翌日食欲がなくぐったりしていたので、
    動物病院に連れて行ったんです。


医師「39.8度・・・熱が高いですね。
    (ルルのおなかをさわる)あらっ!
    このこ、お腹がパンパンですよ。
    おしっこ、出てないんじゃないですか?」

私 「おとといまでは出てましたが、
   昨日はあまり出てません。
   ナル、散歩のときはどうだった?」

ナル「少しは出てたけど。」

医師「いや、数日分たまってる感じですよ。
    ・・・エコー検査してみましょう。」


    診察台のルルをあおむけにすると、
    ビビってジタバタしていたんですが、
    お腹にジェル(エコー用)を塗られると
    なぜか にんまりとした顔に!


     (^◇^;) ありゃりゃ?
          これ、気持ちいいのか?


医師「見てください。
   ルルちゃんの膀胱の中に
   大きな石が一つあります。」



    e2399.gif


     (^◇^;) ルル、超音波画像をじーっと
          じーーっと見てる。
          わかるのか?
              

医師「こういう石ができたときは
    通常は手術で取り除くんですが、
    この子は15歳ですから
    手術に耐えられるかどうか・・・」


     ビクッとする愛犬ルル。


医師「今日のところはカテーテルで
    尿をとっておきます。
    手術室で処置しますので、
    受付でお待ちください。」


・・・ルルをあずけ、5分後・・・


医師「尿をとって、おなかがへこんだでしょ?
    明日の夕方までにどのくらい尿が出るか
    しっかり観察しておいてください。
    で、必ず病院に来てください。」


     Uo・ェ・oU (ご機嫌なルル)


医師「おっと、注射注射!
    熱さましの注射、打っておきますね。


     Uー'`ー;U  (急に不機嫌になる)


     (;´Д`) 注射が嫌なんですね
          わかります




    病気でぐったりしてたわりに、
    ナイスリアクションなルルでした。

    犬も15歳になると、人間っぽくなるなぁ。








ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




続・膀胱の石(2400)



    前回の絵日記の続きです。

    愛犬ルルの膀胱に石があることがわかり、
    翌日も動物病院に連れて行ったのですが、
    いつもの医師Aはいなくて
    医師B(若い医師)が診察してくれて・・・


医師B「熱は下がってるようですね。
     昨日から今日にかけて、オシッコは?」

私  「ほとんど出てないんです。」

医師B「明日はここがお休みですから、
     二日間入院ですね!


      ┌|゚□゚;|┐ガーン!!


私   「えっ!?入院ですか?」

医師B「このままじゃ数日で死んでしまいます。
    カテーテルを通しっぱなしにして
    オシッコを垂れ流しにするとしても、
    その世話はとても大変です。」

私  「おむつじゃダメなんですか?」

医師B「ダメです。
     そういうレベルじゃないんです。
     常時たれ流しになりますし、
     いろいろと大変なんですよ。
   あなた、本当に
   きちんと看護できますか?



       (゚Д゚;) ぐっ
            そんなに強く言われると・・・


     というわけで二日間入院することになり、
     寂しそうな顔の愛犬ルルを残し、帰宅。


・・・夜・・・


私 「う~、ルルに会いたいよ~!
   ルルの代わりに もふもふさせてくれ~!」
    (ナルの頭をもふもふ)


    e2400a.gif


ナル「こらこら!
    パーマがぐじゃぐじゃになるだろ!」

私 「ちょっとくらいいいだろ!
   パーマ代は私がだしてあげたんだぞ。」

ナル「そういう問題じゃないだろ。」(・∀・;)

私 「受付の人が緊急連絡先を聞いてきたけど、
    ルルが瀕死状態になったら連絡するって
    ことなのかなぁ・・・(うるうる)
    ルル、もうダメなのかなぁ・・・
    ルルが死んだらどうすればいいの?」

ナル「死んでから考えたらいいだろ!」

私 「ナル、冷たいよ~~。」(うるうる)


    ルルが入院している二日間、
    私はずっと落ち込んでいたのです。



・・・・二日後・・・

    連絡がないということは生きている!
    と喜び勇んで動物病院へ行ったのです。


医師A「様子を見ましたが尿が出ないので
     カテーテルをさしっぱなしにしてますよ。
     高齢犬なので手術はいいでしょう。
     カテーテルをはずしたらいけないので
     エリザベスカラーをしてますが、
     このまま普段の生活を送れますよ。」(´▽`)

私  「えっ!?
     もう連れて帰ってもいいんですか?」

医師A「いいですよ。
     カテーテルにゴミがつまったりして
     尿が出てこない状態になったときは、
     病院に連れてきてくださいね。」(´▽`)

私  「あの・・・おむつしても大丈夫ですか?」

医師A「いいですよ~♪
     おむつ、便利ですよね。
     おむつ交換するときに、オシッコの量だけ
     チェックしてくださいね。それから、
     一週間後に様子をみせてください。」(´▽`)


     (;´Д`) かるい・・・
          医師Bの重さは何だったのか



    ブルブルふるえるルルをナルが抱っこして
    車に乗せて帰宅。


私 「よ~しよし、ルル、おいで~!」

    両手を広げた私を無視し、
    ルルはざぶとんにむかってスタスタ。


     e2400b.gif


私 「ちょっ!( ̄Д ̄;; 
   私より、お気に入りの
   ざぶとんがいいのかよっ!」


ナル「ぎゃははは!」(≧∇≦)



     ざぶとんに座ってリラックスした後、
     リビングの中をクンクンと嗅ぎまわり
     異常がないかチェック。
     全ての工程が終わってから
     私の手や足にスリスリするルルでした。



     ・・・んもう、可愛いヤツめ!(犬バカ)

     ルル、元気で長生きしろよっ!









ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




面接の結果(2401)


    ナルが12/27にアルバイトの面接を受け、
    その結果が出るのは1/10頃だと
    聞いていたんですが


・・・1月10日深夜・・・


私 「今日、電話かかってこなかったね。
   不採用の人にも電話連絡するって
   本当に言ってた~?」(じと目で)


    e2401.gif


ナル「こらこら!
   不採用って決めつけるなよ!」(・∀・;)

私 「ごめんごめん。
   10日頃ってことなら明日かもしれないね。
   でもさ~、面接の感触、よかったの?」

ナル「う~ん・・・悪くはなかったぞ。
   とにかく、明日はかかってくるはずだから。
   あっ!明日は日曜、明後日は祭日か。
   じゃ、13日かもしれないな、うん。」(・∀・)


     (^◇^;) 気の長いことですなぁ


    しかし、11日も12日も13日も
    アルバイト先からの電話はなく・・・


私 「はぁ・・・電話がないってことは
   不採用だったってことだね。」

ゆめ「えーーーっ!
   電話連絡がなかったの?
   ダメダメじゃん!
   しゃーないから、こっちから
   電話かけて結果聞きなよ!」


私 「いや、電話しなくていいんちゃう?
   採用だったら絶対に連絡あるし。」

ナル「そうだな。」(ムダにいい声で)

ゆめ「そうだな(モノマネ)じゃねーよ!
    そんなに気取らなくていいから、
    もっと ガっついていこうぜ!」

ナル「気取ってなどいない。
  これが俺のナチュラルだ。」


ゆめ「`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
   なんじゃ、そのセリフ。
   ものすごい破壊力。
   まあ、落ちこんでるのをごまかすために
   気取りたくなる気持ちはわかるけどさぁ。」

ナル「心配無用だ。
    落ち込んでなどいないぞ。
    今回は縁がなかったというだけだ。
    それに、面接の結果を待つ期間、
    有意義に過ごせたからな。」

ゆめ「有意義って何だよ!
    どうせゲームだろ!」


     (・∀・;)ギクッ!

ナル「ゲ、ゲームだけじゃないぞ。
   漢字検定2級の勉強だって
   ちょっとは やったんだからな!」

     (;´Д`) ちょっとかよ!





     漢字検定がもうすぐなので、
     終わってからまたのんびりゲームする
     予定のナルなのでした~。

     勉強もバイト探しも少しはアセってくれよ!
     (ノ_-;)ハア…







ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




久しぶりの運転(2402)


    ゆめが久しぶりに早く帰ってきたので
    二人で車でお出かけすることにしたんです。



私 「ゆめが前に車の運転したの、いつだっけ?
   2ヶ月前・・・いや、3~4ヶ月前か。
   運転するの、久しぶりだけど大丈夫?」

ゆめ「だいじょうぶだいじょうぶ♪」(´▽`)


    e2402.gif


      (;´Д`) ほんとかいな


ゆめ「ナル君じゃあるまいし、
    数ヶ月ぶりだって大丈夫だよ。
    ほら、ちゃんと運転できてるでしょ?」

私 「そういえば、ナルが一ヶ月ぶりに
   車を運転したときは大変だったなぁ。
   ちょっとしたことで
   『うわっ!』
   って大声あげたり、ビクビクしたり。」

ゆめ「あ~、ナル君はそういうタイプだもんね。
    運転、むいてないんじゃない?
    その点、私は大丈夫だよ。
    教習所でも
    『きみ、ほんとに女の子?すごいね』
    って褒められてたし。」


     (^◇^;) その言葉・・・
          ほんとに褒められてたのか?


ゆめ「ほら!信号で停まる時もスムーズでしょ?」

私 「うん。
   ・・・さっきから気になってるんだけど、
   外、ちょっと暗くない?」

ゆめ「暗くないよ。いつもと同じだよ♪」

私 「いや、何か違和感がある・・・
  あーーーっ!
  ドアミラー、閉じたまんま!

   後ろの車のライトが全く見えない
   (ドアミラーに映りこんでない)
   から、景色が暗かったんだよー!」


ゆめ「あ~、ほんとだ。
    ごめんごめん。はははは。
    はい!ドアミラーのスイッチ、押したよ。」

私 「ほんとに、もう!
    運転手が気付かなくちゃダメでしょ!
    ドアミラーが見えないと危ないよ!」

ゆめ「あぶなくないよ~。
  私、運転するときいつも
  ドアミラー見てないもん♪



    
щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!




     豪快というかなんというか・・・

     『きみ、ほんとに女の子?』
     というセリフが実にしっくりくるゆめでした。








ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




ふくびき(2403)

 
    ナルが通っている専門学校では今、
    パソコンの練習(ワード・エクセルなど)を
    毎日やっているのです。


    ピンポンピンポンピンポンピンポンー♪


私 「はいは~い。今、玄関あけるから。」

ナル「ただいま~。ふぅ~。
   大荷物なんだから
   さっさと玄関のカギを
   あけてくれよ~~。
」(・∀・;)


    e2403.gif


私 「ほんとだ。なんでこんなに荷物があるの?」

ナル「毎日パソコンを持っていってるからに
    決まってるだろ~が!」

私 「毎日使うんなら、専門学校に
    置いて帰ればいいのに。」

ナル「そういうわけにはいかないんだよ!
    毎日持ってきて持って帰るって
    決まってるんだよ!」


     (^◇^;) 盗難防止・・・いや、
          家で練習するためかなぁ


私 「それにしても、荷物多いね~。
   教材を入れたバッグ、弁当箱のバッグ、
   ノートパソコンのバッグ・・・
   その紙袋は何?プリント?」


     (・∀・;)ギクッ


ナル「こ、これはローソンでもらったやつだ。」

私 「もらった?なんで?」

ナル「ふくびきだよ!
   今、ローソンで ドラクエのふくびきをやってて
   自分の小遣いで1回だけやったんだが・・
   なんと!C章のホミロンクッションが
   当たったんだ~。
   見たいか?なら、見せてやる♪
」(・∀・)


       ふくびき商品リスト→

       homiron.gif


私 「お~!結構大きくていいね~。
   で、福引は何円だったの?」

ナル「600円だ。」

私 「高いっ!」

ナル「まあ、そういうなよ。
    この福引をしたのには理由があって・・・
    ドラクエ10のアイテムのコードがほしくてさ。」

私 「ふ~ん・・・まあ、自分の小遣いだから
   自由に使ってもいいけどさ。
   で、そのコードは手に入ったの?」

ナル「そ、それが・・・(・∀・;)
    C賞は ドラクエヒーローズのコードで、
    ドラクエ10のコードは付いてなかったんだ。」

私 「なんじゃ、そりゃ?
    小遣いは計画的に使えよ!」


ナル「し、しかたないだろ。
    F賞~K賞なら欲しいコードが付いてくるし、
    そういうのを引くだろうと思ってたんだ。
   俺はママと違って
   クジ運がいいからなぁ・・・はぁ~。

    自分の運のよさが憎い。


    ヾ(*`Д´*)ノ" きーーーっ!
            ケンカ売ってんのか!




     たしかに私はクジ運がすごく悪いが、
     たま~に当たることもあるんだぞ。
     ウソじゃないから!脚色ありだけど!


     ナルが福引ゲットしたコードは、
     フレンド(ドラクエ10も ヒーローズもやる人)に
     あげるそうです。

     ホミロンクッションは今、
     ナルの部屋にかざってあります。

     ナル、いい夢みろよっ!!






ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




エリザベスカラー(2404)


   愛犬ルルの尿が出なくなり、検査の結果、
   膀胱に大きい石を発見。

   尿管カテーテルを1週間つけて
   尿が出るようになり、元気になったので、
   カテーテルをはずしたんですが・・・


・・・犬の散歩の後・・・


ナル「ママ、今日のルル、
    オシッコがあまり出なかったぞ。」

私 「カテーテルをはずして1~2日は
   オシッコが順調に出てたんだけどなぁ。
   明日の朝までのオシッコの量を見て
   動物病院に連れて行くよ。」


・・・翌日・・・


ナル「ただいま~。
    ルル、病院に連れていったか?」

私 「うん。またカテーテル付けてもらった。
   おむつや カテーテルをはずさないように
   エリザベスカラーもしてるよ。」


    ナルはルルを見ると


ナル「ぎゃはははは!
   今回のエリザベスカラー、
   でかすぎっ!
   おもしろすぎるっ!
」(≧∇≦)


    e2404.gif


      (;´Д`) 笑いすぎだろ


私 「あ~、たしかに少し大きかったかも。」

ナル「大きすぎだって!
    重すぎてフラフラしてるじゃないか。
    コントかよっ!」(笑)


私 「いや、いや、フラフラしてるのは
    熱のせいだってば!
    ルル、また熱を出してたし・・・
    高齢だから体力がおちてるんだよ。」

ナル「え~!元気そうだぞ?
    ルル、散歩いくぞ♪

    シュタタタターーと走ってくるルル。

ナル「ほら、やっぱり元気じゃないか。
    じゃ、散歩いってくる♪」
(・∀・)


    (^◇^;) ルル・・・ゲンキンなヤツめ!




   拡声器のような形のエリザベスカラーは
   散歩時に注目されっぱなしだったようです。

   次回エリザベスカラーをするときは、
   小さいサイズのものにしてもらおうっと。
   エサも食べにくいし大変だもんね(^◇^;) 








ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




ワードの謎(2405)


   ゆめがめずらしく早い時間(夜9時だけど)に
   帰宅した日の出来事。


ゆめ「ただいま~。あれっ?
   ナル君、ゲームしてないの?めずらしい!」

私 「ワードを使ってプリントを作成するってのを
   専門学校でやったんだけど、なぜだか
   うまくいかなかったっていうからさ~、
   私が謎をといてやるって言ったんだよ。」

ゆめ「ママ、偉そうだね~。
    ワードできないくせに!」

ナル「だろ?ママじゃ無理だと思うんだが。」

ゆめ「どれどれ。
   せっかく早く帰ってきたことだし、
   私がみてやるとするかぁ~。」



     (^◇^;) ゆめだって、
          偉そうじゃんよ!



ナル「これが見本のプリントで、
   これが俺が作成中のデータだ。
   フォントサイズとかいろいろな設定があって
   それらは全部ちゃんと入力したし、
   これでできるはずなんだけど・・・」(あたふた)


    e2405.gif


ナル「まただ。ε-(ーдー)ハァ
    同じ行にあと5文字入力したいのに
    文章が切れてしまう。」

ゆめ「切れるというか、折り返しだね。
    改行マークつけてないのに
    こうなるってことは、
    フォントサイズが違う、
    1行の文字数の設定が違う、
    ページの余白の設定が違う、
    このいずれかだと思うよ~。」(´▽`)

ナル「・・・・・どれも合ってるぞ。」

ゆめ「そんなはずないよっ!
   目ん玉ひんむいて、よ~く見ろ!」


ナル「・・・で、でも、合ってるし。」(・∀・;)

私 「それらが全部あってるんだったら、
   もっとベーシックな部分が違うんじゃない?
   用紙の大きさ設定が違うとかさ~。
   用紙が小さかったら、予定より早く
   文章をおりかえすしかないし・・・」

ナル「設定はちゃんと A4にし・・・
    おやっ?B4になってる。
    なぜだ・・・解せぬ。

ゆめ「解せぬじゃねーよ!
    お前がやったに決まってるだろ~が!」

ナル「なんだよっ!
    ゆめちゃんだって、どうしてこうなったか
    わからなかったくせに!」

ゆめ「仕方ないでしょ!
  私、ワードのことなんて
  ぜんぜん知らないもん!



    「;´Д`) ぜんぜん知らないのに
         偉そうな発言してたのかよ!





    なんのかんのありましたが、
    ワードの謎(?)が解けてよかったです。

    しっかし、ゆめが早く帰ってきた日は
    家の中がうるさいなぁ。(褒め言葉です)







ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




応募先からの電話(2406)


    ナルと私がバイト情報誌をガン見して、
    ぼちぼち良さそうなところを見つけ、
    ナルがバイト応募の電話をしたんです。


ナル「もしもし。まだバイト募集してますか?
    そうですか・・・はい・・・はい。
    ○○○の○○○○です。」(電話をきる)

私 「どうなったの?」

ナル「今、店長が出かけてるので
    戻ってきたらすぐ電話くれるって。
    ふぅ~、電話しただけで疲れたな。
    コーヒーでも飲もうっと♪」(・∀・)


    のんびり待っていたのですが、
    店長さんからの電話はかかってこず、


ナル「ソッコーで トイレいってくる。
    まさか、俺がトイレにいってる間に
    電話かかってこないよな?」(・∀・;)


    ナルがトイレに入ってすぐ
    プルルル~プルルル~♪(電話)


私 「もしもし、○○です。
    あ~、はい。ナルは今・・・」

    バンッ!(トイレのドアの音)

ナル「マジかっ!」 (@Д@;


     e2406.gif


    ( ̄Д ̄;; 社会の窓、あきっぱなし!
             あわてすぎだってば!


ナル「お電話かわりました。(きりっ)
    ・・・19歳です。
    ・・・現在、専門学校に通っております。
    ・・・土日の○時からを希望しています。」


     (^◇^;) かたい、かたいよ、ママン。


ナル「木曜の4時に面接ですか?
    その日はちょっと用事がありまして。
    ・・・金曜ですか?
    その日もちょっと用事がありまして。
    ・・・土曜ですか?
    その日はちょうどあいてます。」


    電話を切った後、


ナル「土曜日の4時に面接になったぞ。」(・∀・)

私 「なんで、木曜か金曜にしなかったの?
   どっちも用事ないじゃん。」

ナル「何言ってるんだ。
    どっちも用事があるじゃないか。
    壁に貼ってあるカレンダーに
    大きい文字で書いてある!」(きっぱり)

私 「カレンダーをよく見ろっ!
   木曜は、ルル(犬) 動物病院。
   金曜は、ママ 6時 歯医者。
   どっちもナルは関係ないでしょ!」


ナル「ぎゃあああ!ヽ((◎д◎ ))ゝ
   ほんとだ!
   どっちも俺、あいてる!
   ちゃんと見たのに気が付かなかった・・・
   
なんでだよっ!?


    (;´Д`) こっちが聞きたいYO!




     バイト応募の経験が少ないとはいえ、
     テンパりすぎなナルなのでした。



     今回の面接もダメかもしれないなぁ。(汗)
     でも、「ダメでもともと!」の気持ちで
     リラックスして面接に望んで欲しいです。

    

     バイト先 
     いつかはきっと
     決まるはず
     それにつけても
     金の欲しさよ~

              (詠み人・むっか)





ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




大学の卒業アルバム(2407)

 
    ゆめは3月に大学を卒業し、
    4月から大学院(大学と同じところ)に
    通うことになっているのです。



ゆめ「ただいま~。」

私 「あれっ?
   今朝出かけるときはノーメイクだったのに。
   大学でメイクしたの?」

ゆめ「うん。今日、卒業アルバム用の
    個人写真の撮影会があったから
    メイクしたの~♪」


     e2407.gif


      Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
              その服で?



私 「なぜその服を着ていったの?
   写真撮影だったら、スーツとか、
   スーツじゃなくてもそれなりにさぁ・・。」

ゆめ「別に この服でもいいじゃん。
   どんな服でもいいって
   写真撮影の説明に書いてあったし~。」

私 「いやいやいやいや!
   ジーンズに 無地の白いTシャツ、
   灰色のフード付きジャケットはないわ~。
   髪の毛だって、ボサボサだし。」

ゆめ「髪の毛は、写真撮影のときは
    横で一つにしばって シュシュ付けた!
    ヘアメイクをちゃんとしてたら
    な~んも問題ないんだってば♪」


     (^◇^;) いや、あるでしょ!


私 「でもさ~、卒業アルバムって高いし、
    せっかくだったらきとんとした格好で・・」

ゆめ「あ~、大学の卒業アルバム、
   高い(約2万円)から買わなくていいよ。
   私、いらないもん!」

私 「えーー!いらないの?」

ゆめ「うん。(´▽`)
    買ったとしても見ないと思うから。
    そのぶん、節約しよう!

私 「でも、教授と学生達の顔写真と名前があったら
   後で役に立つかも知らないよ。
   ゆめ、顔と名前を覚えるのが苦手でしょ。」

ゆめ「あ~、そういえばそうか。
   でも、今回はいらないや。
   2年後に大学院を卒業するとき、
   院の卒業アルバムを買いたくなったら
   自分の小遣いで買うからいいよ。」

私 「えーー!ほんとにいいの?」

ゆめ「うん♪(´▽`)
   今のを買っても仕方ないっしょ。
   2年後、教授やスタッフの顔ぶれが
   かわってるかもしれないし。
   最終形態を保存しておけばいいんだよ。
   ま、アルバムを保存してても
   見ないような気がするけどね♪」


    ヾ(*`Д´*)ノ お前、絶対
             見る気ねーだろっ!




       娘よ、
       節約するのはいいことだけど、
       もう少し無駄金使ってもいいのよ?
       (あ!ゲームやアニメグッズは時々
        買ってるか・・・ハハハ)


       それにしても、
       自分の姿が数枚しかないのに
       2万円は高すぎだよ。うん!






ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
848位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: