ドラクエ11(2782)


    ドラクエ11が発売されて5日後の出来事。

    ゲームの中で ドラクエが一番好きなナルは、
    3DS版のほうのドラクエ11を購入し、
    暇なときはずーーーと プレイしているのです。



ゆめ「ただいま~。あ~、疲れた~。
    今日、会社の人に
    『ゆめさん、ドラクエ11やってる?
     えっ!?やってないの?
     ゲーマーなら絶対にやらないと駄目だよ!』

    って言われちゃった。」(´▽`)

私 「同期の人に言われたの?」

ゆめ「違うよ。中年のオッチャン。」

私 「あ~、ドラクエは中年にも人気のゲームだからねぇ。」

ゆめ「中年というより熟年に近い人もやってるみたいで、
    『ドラクエ11買いなよ。おもしろいよ!』
    って 何度もアピールされちゃったけど、
    うちはナル君が買って やってるからなぁ。」

ナル「ゆめちゃんも、ドラクエ11がやりたいのか?
    じゃあ、貸すぞ♪
    セーブデータが3つあるから、
    2番目にセ-ブするといい。」
(・∀・)ニコニコ


      e2782.gif


ゆめ「うっそ~!
   ナル君、熱でもあるの?」


ナル「熱なんてないぞ。
    親切心で言っているだけだ。
    やりたくないなら貸さないが?」(・∀・;)

ゆめ「やりたいやりたい!
    さっそくやっていい?」

ナル「ちょっと待ってくれ。
    今は俺がやっている最中なんだ。
    エンディングまでいったら、貸すから。」

ゆめ「仕方ない。待ってやるか。」


      (^▽^;) えらそうだなぁ、オイッ!


ゆめ「で、どのくらい進んでるの?
    ナル君、ずっとゲームしてるんでしょ?
    じゃ、進行早いよね?もうすぐ終わりそう?」

ナル「それはよくわかんないってば。
    半分は終わったと思うけど。」

ゆめ「5日もゲームやってて、まだ半分?
   なめてんのか!もっと本気だせよ!
   エンディングまで ガーーッといけ!」


ナル「えっ?でも、あちこち寄り道しながら
    ストーリーを進めるのもドラクエの楽しみで・・」

ゆめ「あまいっ!
   そういうのは周回プレイのときでいい。
   1回目は高速で、2回目に枝葉を回収。
   これが正しいゲーマーの在り方だ!」


ナル「そ、そうなのか?」

ゆめ「そうです!(´▽`)
    だから、ナル君も高速で話を進めなさい!
    で、エンディングを見終わったら、
    私にドラクエ11を貸しなさい!


ナル「わ、わかった。」(・∀・;)


      (;´Д`) ちょっ!ゆめに洗脳されてる!
           自分の好きなようにやっていいのに。



ナル「あっ!そうそう♪
    ドラクエ11、ママにも貸すからな。
    ゆめちゃんが終わったら、ママの番だ。」

私 「いいの?ありがとう~!
    じゃ、ゆめも高速で話をすすめてね。

ゆめ「やなこったい!
   私は私の好きなようにやる!」



       ヾ(*`Д´*)ノ ムキーーー!
              なんてヤツだーー!






          ゆめに洗脳されて、ドラクエ11のストーリーを
          駆け足ですすめていたナルでしたが、
          ゆめが寝たとたんに洗脳がとけて、いつもの
          のんびりペースで ゲームをすすめてました。(^▽^;)
         
        
        

         ナル「家族全員がドラクエ11やるのっていいな。
             みんなでドラクエの話ができる♪」(・∀・)



            ・・・ナル社長が楽しそうでなによりです。


             




     ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




スポンサーサイト

ソーダバーの季節(2783)


    ナルがひどい下痢をした翌日の出来事。



ナル「あ~、暑い暑い!
    ソーダバー食べようっと♪」

私 「ちょっと待ちなさい!
   昨夜の下痢の原因、ソーダバーのせいじゃない?
   それ、食べないほうがいいよ!」

ナル「えーーー!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
    嫌だよ、こんなに暑いのに!
    ソーダバーが原因って決まったわけじゃないだろ!
    俺もママもしょっちゅう下痢してるんだから!
    ソーダバーを食べてないときだって下痢してるのに、
    そんな とんでもないインネンつけるなんて、
    ソーダバーに失礼だよ!」

私 「まあ、たしかにそうだけど・・・
   ファミリーパックのバニラアイスも買ってあるから、
   それをスプ-ンを使ってゆっくり食べたら?
   ソーダバーは、シャーベット系だから
   冷たすぎると思うんだよね。」

ナル「いやだ!ソーダバーを食べる!」


      ナルがソーダバーを食べ始めたとたん、
      リビングにさわやかな甘い香りが広がり、


私 「おいしそう・・・私も本当はソーダバー好きなんだよね。
    食べようかなぁ~。どうしよっかなぁ~。」

ナル「迷うことはない。食べなさい!」(・∀・)

私 「そやね。ソーダバー、うま~♪」(´▽`)



・・・1時間後・・・


     私は下痢になり トイレに長い間こもり、
     ナルに正露丸と水をもってきてもらったのです。


ナル「おっ!やっと トイレからでてきたか。」(・∀・)

私 「うん。正露丸、ありがとう。
   やっぱりさ~、ソーダーバーって・・・

ナル「ストップ!これ以上言うな!
   ソーダバーに対する風評被害だ!
   俺は下痢してないんだから、
   ソーダバーを責めるのはお門違いだ。」


私 「責めてるわけじゃないんだよ。
   私たちのようなスーパー下痢親子には、
   ちょっとハードルが高いというか・・・」

ナル「俺は下痢をしていない。
    ママは年寄りだから下痢をした。
    ただそれだけのことだ。」
(きっぱり)


      ヾ(*`Д´*)ノ 年寄りじゃないもん!
              まだ中年だもん!




・・・さらに1時間後・・・


    ナルがトイレからなかなか出てこないと思ったら、


ナル「ママーー!ママー!
   今すぐ 正露丸と水を
   持ってきてくれ!頼む!
   さっき、俺もママに
   持ってきてやっただろーーー!」



      e2783.gif


      (;´Д`) お前も下痢してるじゃねーか!






      私達・スーパー下痢親子には
      ソーダバーはキツすぎるようです。

      ソーダバー、好きなのにーーー!
      真夏に食べるソーダバー、
      すっごくおいしいのにーー!(。´Д⊂) ウワァァァン!!



      こういうときだけは、
      ゆめ(便秘が得意!)がうらやましい私でした。


    




     ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




バイト先からの電話(2784)


    午後1時過ぎ、ナルがリビングでのんびりしていると
    バイト先から電話がかかってきたのです。


ナル「もしもし。○○ナルです。
   えっ?Σ(||゚Д゚||)
   今日のシフトは夕方からのはずでは・・・
   す、すみません。すみません。
   
いますぐ行きます!


      e2784.gif


      電話が終わった後、ナルは顔面蒼白。


ナル「どどどどどうしよう。
   いったい全体なんでこんなことに・・・
   バイト、クビになるかもしれない。」 Σ(||゚Д゚||)


私 「おちついて!
    あわててると、交通事故おこしやすいから!
    シフトの時間の勘違いは時々あることだから、
    何度もていねいに謝ったらいいから!」

ナル「わ、わかった。じゃ、行ってくる。」


      ナルは大慌てでバイトに行ったのです。

      その日のバイトは無事に(?)終了。


ナル「はぁ~、今日は本当に疲れた。
    店長、あまり怒ってなくてよかった。
    クビにならなくてよかった・・・
    あっ!今月末でやめるんだっけ。
    じゃあ、クビになってもよかったな。
    やめるなら、一日でも早くやめたいし。」(・∀・;)


       (^▽^;) オイオイ!
           あんなにビビってたくせに!




・・・二日後・・・


私 「ナルのスマホ、鳴ってるよ!」

ナル「ひぃっ!バイト先からだ。Σ(゚д゚lll)
   ま、まさかまたシフトの間違い?
   いや、今日は入ってなかったはず。」(動揺)

私 「いいから早く電話にでなさい!」

ナル「も、もしもし?
    えっ?はい・・・はい・・・入れます。
    土曜日は全部あいてます。大丈夫です。
    はい、わかりました。失礼します。」(・∀・)

私 「今日の電話は問題なかったみたいだね。
   バイトに入る日、増えたの?」

ナル「ああ、5つも増えた。」

私 「5つも!?( ̄Д ̄;;
   もともと週に1回しか入れてくれなかったのに、
   何があったんだろうねぇ。
   誰かが急に やめたのかなぁ?」

ナル「そうかもしれないな。
   けしからんヤツだ。ハハハハ!(・∀・)
   ま、そのおかげで
俺は儲かるがな♪


        (^▽^;) え~と、
            一日でも早くやめたいって
            言ってたんじゃなかったっけ?





        まあ、なにはともあれ、
        ナルが嬉しそうでなによりです。

        しっかし、
        シフトを間違えたときのナルは
        ビビりまくりでおもしろかったなぁ。ククク!(←悪い奴)


    




     ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




岩盤浴にいこう!(2785)


    ゆめの仕事がお盆休みになったので、
    ゆめが行きたがっていた岩盤浴(☆)
    家族みんなで行くことにしたんです。


    受付で渡された服(男性は青・女性はピンク色)に着替えて
    岩盤浴の部屋に入ると、熱気が充満していて・・・



私 「うわ~!もあ~とする。暑い~。息苦しい~。」(;´Д`)

ナル「ほんとだ。汗がでてきた。
    岩盤浴って、30分だったよな。
    俺、30分もたえられるだろうか。」(・∀・;)

ゆめ「二人とも、だらしないなぁ。
    岩盤浴が暑いのは当たり前!
   暑いのが嫌なら、来るなって!


私 「だって、ナルも私も岩盤浴に来るの初めてなんだもん。」


    わいわい話しながら部屋の奥に歩いていると、


係 「すみませ~ん。
   そちらは女性の方だけのコーナーです。
   男性の方はこちら側にきてください。」



ナル 「あわわ・・」 (;゚;ж;゚; )ビクッ


     e2785.gif


ゆめ「出た、あわわ!(´▽`)
    アニメや漫画ではよく出てくるけど、
    リアルで『あわわ』なんて使う人、いないよね~。」

私 「本人は無意識で言ってるんだから、
   後で からかったりしないようにね。」

ゆめ「からかわないよ~。
    気にして言わなくなったらつまんないもん。」


私 「おっと!( ̄Д ̄;;
   ナルが知らない男性の横に寝るのを躊躇してる。
   まるで 生まれたばかりの小鹿のようだ。」

ゆめ「あ~、わかるわかる。
    立ち上がるのが精一杯の小鹿ちゃんだね。
    ぷるぷるしてるね~。いいねいいね~♪」(´▽`)

私 「正直、これを見に来た。
   私は岩盤浴にはあまり興味はなかったけど、
   初めての岩盤浴で ぷるぷるするナルが見たい・・・
   いや、初めての岩盤浴体験をさせてあげたいって言うか・・」

ゆめ「言い直しても遅い遅い!
   面白がってるの、丸わかりだよ。」



       (^▽^;) バレたか!



・・・岩盤浴・終了・・・


私 「ふぅ~、暑かったねぇ。汗でビッショリ。しんどい~!」

ナル「岩盤浴がこんなにしんどいものだとは・・・」(・∀・;)

ゆめ「二人とも、だらしないなぁ。
    肩こり腰痛持ちの私には、よかったよ。
    体がぽかぽかだし、効果があった気がする~♪」

私 「じゃ、また来る?次は、私、パス!」

ナル「俺もパス!」

ゆめ「仕方ないなぁ、次は一人で来るよ。
   まあ、私もちょっとばかり疲れたし、
   次に来るのは
数ヶ月以上先でいいかな♪


       (^▽^;) それ、来る気ねーだろ!





         暑さが苦手な私たちにとって、
         岩盤浴は結構な苦行でございました。



         お盆とか、長い休みのときは、
         涼しい部屋でのんびりゲームするのが最高やね!



    




     ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




お盆休み(2786)


    ゆめ(社会人)のお盆休みは、5日間。
    お墓参りと外食以外はすっと家にいて
    ゲームしていたのです。



ゆめ「お盆休みももうすぐ終わりかぁ。
   肩こったから、肩もみしてよ~!」


ナル「いやだ!」(きっぱり)


    e2786.gif


ゆめ「なんでよ!少しくらいいいでしょ!
    私、疲れてるんだよ~!」

ナル「なんで疲れてるんだよ!
    ゆめちゃん、今日、ゲームしてるだけじゃないか!」

ゆめ「ナル君だって、今日はゲームしてるだけじゃん。
    肩こり腰痛持ちの私に奉仕しろよ!」

ナル「俺は洗濯物を干したり たたんだりしたよ!
    そうそう!
    いい加減にしてくれよ、ゆめちゃん!
    下着にまたナプキンがつけっぱなしだったぞ。
    ゆめちゃんの下着を干すときに、
    ナプキンをはずさなきゃいけなかったんだ!」

ゆめ「ナプキンじゃなくて、サラサーティ!
    パンツに貼るシートだよ♪」(´▽`)

ナル「どっちでもよろしい!」

私 「私が洗濯するときに気が付かなかったんだね。
   ごめんよ、ナル。」

ナル「ママが謝る必要はない。
    ゆめちゃんが悪い!」

ゆめ「めんごめんご。」(´▽`)


      (^▽^;) コイツ、反省してないな


ナル「それから、ゆめちゃん!
    あっちこっちで ヘアゴムやヘアピンをはずして
    放置するのはやめてくれ!
    ヘアピンは踏んだら痛い!
    俺がいつも片付けてるんだぞ!」

ゆめ「めんごめんご。」(´▽`)

ナル「それから、シャワーをあびろ!
    昨日はシャワーしてないだろ!くさい!」

ゆめ「くさい?めんごめんご。
    だるいから、明日の朝でいいでしょ?」

ナル「やめてくれ!くさいんだから!」

ゆめ「ん~、シャワーの後で肩もみしてくれるなら
    シャワーしてあげてもいいけど?」


ナル「わかった。」(・∀・)

ゆめ「やり~♪(´▽`)
    肩もみはロングコースで頼むよ!」


ナル「わかった・・・ん?なにか、俺、損してないか?」

ゆめ「そんなこと、ないない♪
   シャワー肩もみ
等価交換だよ。」

ナル「そうか。わかった。」(・∀・)


      ・゚・(ノД`;)・゚・ だまされてるよー!
              どっちも ゆめが得してるじゃん!






         こんなふうに、のんびりと
         お盆は過ぎていったのでありました。


         う~ん、平和だねぇ。(^▽^;)


    




     ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




水着(2787)


    ナルが久しぶりにプールで泳ぎたいというので、
    二人でプールに行くことにしたんです。
    (ナルは泳ぎが目的・私はウオーキング目的)


私 「ナル、自分の部屋から水着をもっておいで。
   プールに行く前に試着しておこう。」

ナル「試着なんてしなくていいよ。
    前に買ったヤツ、問題なかったし。」

私 「虫食いで穴があいてるかもしれないし、
   試着は大事!とにかく、一回着てみて!」

ナル「めんどくさいなぁ。」


     ナルは自分の部屋で水着を着て
     リビングにやってきたんですが・・・


ナル「着ることはできたが、
   水着ってこんな感じだったっけ?
   これって、どうなんだろう?」
(・∀・;)


     e2787.gif


       (;´Д`) パッツンパッツンや!
            ずっと前に買った水着だもんなぁ


私 「それ、きつくない?
    体のラインが・・・あちこち目立つんだけど。」(ジロジロ)

ナル「きついような気もするが、
    水着ってこういうものだった気もする。」

私 「どっちやねん!
   とりあえず、ちょっと脱いでみようか。

ナル「言い方がイヤラシイな。
   脱ぐのを躊躇してしまう。」
(・∀・;)

私 「アホかっ!」


     ナルは私の目を警戒して
     自分の部屋に行って着替えをすませ


ナル「脱いできたぞ。」(・∀・)

私 「水着、ちょっと見せて・・・150やないかいっ!
   そりゃあ、パッツンパッツンにもなるよ。
   これ買ったの、いつだっけ?中3の頃だっけ?
   最後に着たのは・・・・ナルが高校生の時だっけ?」

ナル「よく覚えていないが、そうだった気もする。」

私 「ナルは今、161cmだもんね。
   150の水着は着れるけど、キツいよね。
   水着を買いに行ってから、プールに行く?」

ナル「今日のところは、これでいい。
    水にぬれたら水着が少し伸びて
    ちょうどよくなるかもしれないし。」

私 「いいの?人目が気にならない?
   あちこちパッツンパッツンだけど?

ナル「男の水着姿をジロジロ見る奴なんて
   滅多にいないから大丈夫だ。
   そういう意味では、
   
ママが一番 危険人物だ。


     ヾ(*`Д´*)ノ こらーー!
             私は変態じゃねーぞ!




         というわけで、
         パッツンパッツンの水着で
         プールにいったのでありました。

         次までに、ナルの新しい水着を買いに行こうっと。



    




     ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




久しぶりのプール(2788)


     前回の絵日記の続きです。

     ナルと二人でプールに行った日の出来事。

     ナル(結構泳げる)は競泳コーナーに行き、
     私はウオーキングコーナーに行ったんです。



ナル「ママ!ママ!」

私 「なんだ、ナルか。
   ナル、メガネしてないから、
   一瞬だれだかわかんなかったよ。」

ナル「いや、それくらいわかれよ!」(・∀・;)

私 「で、どうしたの?
   競泳用のプールで泳いでくるんじゃなかったの?」

ナル「それが・・・泳ぎ方を忘れてしまって。
   競泳用は 50メートルは泳げないといけないのに、
   俺、途中で泳げなくなって・・・
   気まずいから、こっちに来た。
   ママ、何かアドバイスをくれないか?」

私 「アドバイスって言っても、私、泳げないんだけど。
   ま、いいか。見て気付いたこと言うよ。」


    私たちは一般用のプールに移動。


私 「じゃ、背泳ぎからやってみて。」

ナル「背泳ぎってどうやるんだっけ?
   後ろ向きに浮いて、うでを
   ぐるぐる回して・・・こうだっけ?」



     e2787.gif


     Σ( ̄ロ ̄lll) わき毛ーーー!
              ボーボーじゃねーか!



私 「・・・わき毛、いつから剃ってないの?」

ナル「剃ったことなんて、ないぞ♪(・∀・)
    『男はわき毛があるのが普通だから、
     剃ったり抜いたりしてはいけません』

    って、ママが言ったじゃないか。」

私 「たしかに言った。
   昔のナルは むだ毛を気にして
   毛抜きで抜きまくってたからね。
   だがしかし、限度があるだろ!

ナル「えっ?俺、そんなに多いか?」

私 「多いというか伸びてるというか、
   このくらいボーボーの人もいるけど、
   色白で細身のナルがボーボーだと目立つ。
   わきを開いたとたん、
   飛び出す絵本のように
   
わき毛の森が飛び出すんだよ?
   目立たないわけがない!」


ナル「なるほど。(・∀・;)
   でも、男はわき毛があったほうがいいんだろ?
   多くてもダメ、少なくてもダメ、
   どうやって調整すればいいのか・・・
   そうだ!家に帰ってから、ママが

    すきバサミで調整してくれ。


    ヾ(*`Д´*)ノ なんでやねん!
             自分でなんとかしろーー!





        久しぶりのプールで四苦八苦しながら泳ぐナルは、
        ボーボーのわき毛とともに、最高に輝いていました。



        私も若いころは、ボーボーだったなぁ(遠い目)

        今では髪の毛もむだ毛も すっかすか!

        ボーボーで苦労してたころがなつかしいです。(^▽^;)
     
    




       ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4918位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
603位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: