fc2ブログ

むかふ~ん日記

Home > 2023年09月28日

ビート板と私(3368)


     再び息子とプールに行った日の出来事。
     (温水プールが4つあるところです)

     私がウオーキング専用のプールで歩いていると
     別のプールで水泳していた息子がやってきて



ナル「ママ、ウオーキングだけじゃなくて
   少しは水泳してみたらどうだ?
   ダイエットにも効果があると思うぞ?」

私 「そりゃ、泳いだほうが効果が高いだろうけど、
   私はほとんど泳げないんだもん。」

ナル「とりあえず、あっちのプールに移動しないか?
   あっちのプールは今、ほとんど人がいないし、
   水泳でもウオーキングでもOKなところだから。」


    というわけで、場所移動したのです。


ナル「ビート板、取ってきたぞ!
   これを使って泳いでみたらどうだ?」


     e3369.jpg


私 「えーー!泳ぐの、イヤだ。
   ここでウオーキングしたい~。」

ナル「少しだけでもやってみろ!
   俺が教えてやるから!


     (;´Д`) ヤレヤレ、仕方ない。頑張るか。


ナル「まずは、ビート板を手でもって、バタ足!」

私 「ビート板1枚じゃ、私の体はささえられないんじゃ?」

ナル「意外とイケるもんなんだよ。
   しずみそうになったら、俺がフォローするから!」

私 「わかった。」


      バタバタ・・バタ・・(どんどん沈んでいく)


私 「(立ち上がって)ちょっと!
   フォローしてくれるんじゃなかったの?」

ナル「スマンスマン。(;・∀・)
   ママのバタ足がへたすぎて、
   俺の予想より早くしずんでいったから。

私 「泳げないってことは、
   バタ足がへたに決まってんだろ!」


ナル「そういえば、そうだったな。(;・∀・)
    じゃ、背泳ぎが簡単だからやってみよう。
    俺も背泳ぎを最初に覚えたからな。
    ビート板を背中にあてて、そっと浮いてみよう。」

私 「ビート板を背中に?
   むちゃくちゃ不安なんだけど・・・」

ナル「今度はビート板だけじゃなくて、
   俺も両手を使って支えるから!」

私 「じゃ、たのむよ?」


    ・・・・ブクブクブク(ソッコーで沈む私)


私 「ぶはぁっ!おぼれる!」:(;゙゚''ω゚''):

ナル「ははははは!(^◇^)
   いや~、スマンスマン。
   ママの沈む速度、俺の想像を超えてて、
   手を出すのが間に合わなかったよ。

   ママ、ちょっと太りすぎじゃないか?


     (# ゚Д゚) 太ってるのは知っとるわーー!





       ナルの指導(?)のおかげで、
       苦しくも楽しい時間を過ごせました。


       プールって、いいね♪
       泳ぐのは全く好きになれなさそうだけど(^▽^;)








ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

             50-osu-anime.gif





スポンサーサイト



Copyright © むっか(mukka)