卒業研究・しめきり前夜(2570)


    ナルの卒業研究(レポート30枚以上)の
    しめきり前日、私は大事な用事があって
    午後からずっと出かけていたのです。


私 「ただいま~。ナル、できた?」

ナル「・・・ま、まだだ。(・∀・;)
    ゆめちゃんがいろいろ教えてくれるって
    言ってたのに、なかなか帰ってこなくて・・・」

ゆめ「ごめんごめん。」(´▽`)

私 「仕方ないなぁ。
   とりあえず、どのくらいできてるのか見せて!
   ママが推敲と チェックしてあげるから。」

ナル「いや、それは・・・」(もじもじ)

ゆめ「見てもらえばいいじゃ~ん!
    できてるところまで プリントアウトするね。」


     浮かない顔のナルを放置して、ゆめが印刷。

     ナルの卒業研究『コーヒーについて』を読んでみると、
     中身はネットで拾った記事のつぎはぎ!
     (不思議な所をコピペして肝心な所はコピペしてない)
     しかも、なんも脈絡もなく 話題がとびまくり!
     そして、上から目線の発言がいっぱい!

            ↓

    『私の研究テーマを通してコーヒーに
     興味を持つ人が一人でも増える
     きっかけになれば喜ばしい。』



     e2570.gif


      Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
             どこの教授だよっ!



私 「ゆめ、1週間前から時々、
   ナルのレポートを指導してたよね?
   なんで、これ、放置してたの?イタイ発言、多すぎ!」

ゆめ「あ~、まあ、いっかと思って~♪
    イタイのが ナル君でしょ!?


       (;´Д`) ひどいっ!
           たしかに、そうですけれども!



私 「(レポートをパラパラ見ながら)
   ほんとに、もぅーー!
   つっこみどころ、多すぎっ!


ゆめ「つっこみどころマンサクでしょ~。」(´▽`)

私 「それをいうなら、満載(マンサイ)だよ!」

ゆめ「あ~、そうだった。ハハハハ♪」


         (ヘ;_ _)ヘ ガクッ


私 「・・・今は夜10時か。
   資料はたっぷり集まってるんだし、
   レポート30枚分の原案はあるんだし、
   今から皆で力をあわせて推敲すれば
   深夜3時くらいには終わる。

    よしっ!頑張ろう!気合だ!

ナル「気合いれてるところ悪いんだが、
    まだ30枚も書けていないんだ。
    あと5枚 書かなくちゃいけないし、
    結論も3枚以上 書かなくちゃいけない。
    それから、資料も足りなくて・・・」


     
щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!




       ナルの卒業研究レポートは朝10時に完成し、
       メールで無事に提出できました。

       私が深夜0~朝9時まで参加。
       ゆめは深夜に寝て朝8時から再び参加。
       ナルはずーーと参加。(当たり前だ!)

       
       大変だったけど、家族で徹夜するのは
       とても楽しく・・ねーよ!


       息子よ、
       次に こういう事態を引き起こしたら
       ただじゃおかねーからな! ヾ(。`Д´。)ノ




ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
505位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: