御曹司の卒業式(2577)


   専門学校の卒業式の日、
   ナルは朝から もたもたしていたんです。


私 「まだ支度できないの?
   早くしないと遅れるよ!早く!」
(イライラ)

ナル「ちょっ、ちょっと待って。
    もうすぐ出来るから・・・え~と、
    何か持っていくべきものって あるか?」

私 えーーっ!今さら?
  寝る前に支度しておきなさいって、
  私、しつこいくらい言ってたよね!?」
(怒)

ナル「ご、ごめん。(・∀・;)
    必要なものは持ってると思う、たぶん。」


     私の車で卒業式の会場へ出発。
     (私は送り迎えだけする予定)


ナル「あっ・・・言うのを忘れてたんだが、
   卒業式の後に謝恩会があるらしい。○○○ホテルで。」

私 「そんなこと聞いてないよっ!」(怒)

ナル「ご、ごめん。
   でさ、卒業式が終わったら、ママの車で
   そこまで連れて行ってくれないかな?」

私 「○○○ホテルなら、皆、電車で移動するんでしょ?
   皆と一緒に行きなさいよ!」

ナル「俺、サイフもお金も持ってない。


       (゚Д゚)ハァ?


私 「アホかーーっ!(怒)
   サイフくらい、いつも持っておけよ!
   手ぶらでプラプラするつもりだったの?
   小学生かよっ! て言うか、よく見たら、
   そのメガネ、銀ブチのださいメガネじゃん。
   黒ブチの イケメン メガネにしなさいよ!」


ナル「メガネなんて、どうでもいいじゃないか。」

私 「どうでもよくないっ!
   あっちのほうが顔がしまって見えるの!
   あ~、よく見たらネクタイの締め方も甘い!
   髪型もテキトーすぎるっ!」(怒)


ナル「ご、ごめん。」

私 「はっ!( ̄Д ̄;;
   サイフ持ってきてないということは、
   学生証も持ってないんじゃないの?
   複数の専門学校の合同卒業式だから
   出席者がめちゃくちゃ多いのに、
   身分証明書がないなんて!も~!」(イライラ)

ナル「身分証明はいらないだろ?
   
俺の顔を見ればわかる。

私 「どこの社長だよっ!」(`Д´)

ナル「そういえば、俺、年間スケジュール手帳を持ってるけど、
    これって身分証明になるかな?」

私 「自分で自分の名前書いてるのに、
   なんの証明になるんだよっ!
   スケジュール手帳は、しょせんメモだよ!」

ナル「メモ?勘違いしてもらっちゃ困る。
    俺は手帳は持っているが、ペンは持ってない。
    だから、メモをとることは出来ないんだ。


私 「手帳の意味、ねーじゃん!
  ペンくらい持ってこいっ!」



     車で移動中、私はずっと説教。

     ナルを会場に届けた後、私はいったん帰宅。
     式の終了時間に必要なものを届けることにしたんです。


私 「おまたせ~!
   自宅に戻ったついでに ヘアワックス持ってきたよ。
   助手席でじっとしてて。1分間で髪型を整えるから。」

ナル「すまん。」

私 「はい、できた。
   イケメンメガネを持ってきたから、これに代えて。」

ナル「わかった。しかし、気になるな。
    いったいどんな風にされてしまったのか・・・」

私 「鏡を見ればいいじゃん!ほら!」


     ナルは鏡にうつった自分を見て


ナル「この髪型、なかなかいいな♪
   俺、お金持ちの
   御曹司みたいじゃないか!」
(・∀・)


     e2577b.gif


       `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 


私 「おんぞうし~?ないない!
   まあ、気に入っていただいて、なによりです。」

ナル「ふむ・・・次にスーツを着たときも頼む。」

私 「次は自分でしろよっ!」

ナル「すまんすまん。」(・∀・;)


      ○○○ホテルの前まで車で送っていき、
      2時間後に迎えにくる約束をしたのですが、
      5分後に私のケータイ電話が鳴り・・・


ナル「もしもし。俺だ。」

私 「はいぃ~?何?」

ナル「これを言ったら、怒られてしまうかもしれない。
    はたまた、すごく呆れられてしまうかもしれない。
    しかし、どっちにしろ言わなければならないんだが。」

私 「四の五の言わずに早く言えっ!」

ナル「すまん!
    謝恩会の開始時間は、2時間後だった。
    一人で時間をつぶそうにも、
    サイフの中の金がほとんど無かったんだ。
    
というわけで、迎えにきてくれ♪


     ヽ(∴`┏Д┓´)ノ ムキーーー!
               いいかげんにしろっ!





        怒りで血管がキレそうな一日でした。




        息子よ、卒業おめでとう。

        ちゃんと卒業できて、母さんは嬉しいよ。

        しかーし、
        卒業式当日までドタバタして
        母親をこき使ったのは許せません。

        明日から家の大掃除させるからな。覚悟しいや!




ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   50-osu-anime.gif



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

卒業式

ナル君卒業おめでとうございます
ナル君卒業式一人で行けないんだ…
僕は高校の卒業式 一人で電車に乗って
※普通電車で1駅約4分片道180円+徒歩で
プラザホテル※卒業式会場まで行きましたよ
通信制高校だったから親はわずかだけど来てた
ほとんど不良ばかり(笑)
卒業生の中で僕が一番可愛くて問題起こさない男子生徒1位だと思ってた(笑)
優等生な唯一の生徒だと思ってたけど
実際は卒業式には僕より背が低くて
可愛い男の子の卒業生が
もしかしたらおとなしい生徒2位だったかも(泣)
まあその可愛い男の子の同級生
不良だったかも知れないけど(爆)

Re: 卒業式

かなさん、コメントありがとう~!
無事に(?)卒業できてよかったです。

ナルは自転車でなら行けるんだけどね~。
スーツのズボンを破ったらいけないし、
何かトラブルがあって着かなかったらいけないと思って、
ついつい送迎しちゃいました。(^▽^;)
ナルはこれから暇なので(暇って言うな?笑)、
電車やバスに乗って移動する練習をさせなければ!

可愛くておとなしい男子生徒か~。
先生にとって、癒しだったことでしょう。
高校の卒業資格って ものすごく大事だから、
勉強がんばって卒業して本当によかったね。

今、ナルはリビングで履歴書をかいてます。
就職が無理ならバイトでいいから、
早く行き先が決まってほしいなぁ。(´▽`)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
473位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: