FC2ブログ

むかふ~ん日記

Home > 絵日記 > クーラーの故障(3100)

クーラーの故障(3100)


     シルバーウイークの中日の夜、リビングのクーラーが
     故障して動かなくなったのです。


ナル「クーラー、いつ修理に来るんだ?」

私 「シルバーウイークが終わってからになるから、
   早くて木曜、遅かったら土曜になると思うよ。
   連休明けの修理って混むんだよね。」

ナル「くそっ!なんて連休に故障するんだよ!」

私 「そういうもんだよ。(;´Д`)
   まあ、暑い最中じゃなくてよかったと思うしかないよ。
   今晩は結構すずしいし、扇風機で我慢できるでしょ。」

ナル「そうだな。秋になる頃で助かったよ。」



     故障した晩は涼しかったので余裕だったのですが、
     翌日も翌々日も 蒸し暑く・・・

     (注・うちの家は夏はすごく暑いのです。
      そのかわり、冬は結構あたたかいです)


ナル「あつい~。あつい~。どうにかしてくれ。」


    e3100.jpg


私 「無理~。あきらめて~。
   扇風機のパワーを強にしたら?」


ナル「扇風機の風を強くしたって同じだよ。
    ぬくい風がブンブン回るだけだから。
    パワーは中のまま! 中がちょうどいい!」


     (;´Д`) ですよね~。私も同意見。


私 「リズム風スイッチは押してる?
   あれを押すと扇風機の風の強弱がついて、
   かなり涼しく感じるんだけど。」

ナル「押してなかったから押してみる・・・・
   これ、涼しいのか???」(;・∀・)

私 「さっきより涼しいでしょ!
   この機能が扇風機についたとき、
   私、めっちゃ感動したんだよ!?
   扇風機も進化したなぁって!」


ナル「進化って・・・扇風機は扇風機だろ。」(;・∀・)

私 「お前は何もわかっちゃいない!
   昭和の人間にとっては、扇風機は生命線!
   夏の主役は扇風機と言っても
   過言ではなかったんだよ!」


ナル「・・・うちは貧乏だったんだな。」


      ヽ(`Д´)ノ ちがーう!




        いや、違わなくもないか。
        クーラーがついたのは昭和の終わりころだったし、
        居間にはついてても寝室にはついてなかったし。
        でも、昭和の市民はこんなもんだったよ、たぶん。


        というわけで、クーラーがなおるまでは
        扇風機でしのぐ予定の私たちでした~。
        (寝室はクーラーは無事です。ヨカッタヨカッタ)




       【追記】
          クーラーの修理の日には、すっかり涼しくなってました。
          くそっ!クーラーめ!
          あと数日、故障するのを我慢してくれよっ!





ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

             50-osu-anime.gif




関連記事
スポンサーサイト



Comments

post
Comment form
Copyright © むっか(mukka)