FC2ブログ

むかふ~ん日記

Home > 絵日記 > 血液提供(3177)

血液提供(3177)


    ナルと私は、大学病院の睡眠科と精神科に
    月に一度 通っているのです。


    精神科でいつものように診察を受けた後、


医師「今日はちょっとお願いしたいことがありまして・・・
    発達障害の方の研究のために、ナルさんに
    知能テストやアンケートに答えていただいたり、
    血液を提供していただいたことがありましたよね?
    実は、また、ナルさんの血液が欲しいので、
    献血していただけないでしょうか?
    今回は大量に欲しいので、今日と次回の診察時の
    2回、献血していただきたいんですが・・・」


     e3177.jpg


ナル「わかりました♪」(・∀・)


     Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) えっ!即答?



私 「本当にいいの?ナル、注射が苦手でしょ?

ナル「だいじょうぶだ。」

医師「ありがとうございます。
   それでは、ナルさん。今からよろしくお願いします。」


     ナルは献血ルームへ移動し、
     私はロビーに移動して待っていたんです。


ナル「お待たせ~!」(右腕を押さえながら)

私 「あれっ?右腕にしたの?
   注射は利き腕(ナルは右)にしないほうがいいのに。」

ナル「そうなのか。知らなかった。」(・∀・)

私 「・・・しっかし、ナル、注射が平気になったんだね。
   さっき、即答でオッケーしたからびっくりしたよ。」

ナル「平気になったわけではない。
   予防接種とか痛いのは苦手だ。
   血液をとるのは最初にチクッとするだけだから大丈夫。」

私 「なるほど。(^▽^;)
   まあ、協力してあげるのはいいことだよね。
   ここのお医者さんにはお世話になってるから、また、
   テストを頼まれたら協力してあげたらいいよ。

ナル「えっ!?(;・∀・)
   血液提供はいいけど、テストは嫌だ。
   時間かかるし、考えるのが面倒だから。


     (;´Д`) オイオイ!
          ふつう逆だろ、逆!






      精神科の先生は若くて可愛い女性なので、
      ナルはふだんよりも協力的だったような気がします。
      いつもなら考えてからOKするのに、即答だもん!


      私は今週末に注射。
      コロナワクチン2回目・・・なんか不安だなぁ。
      医師が若くてイケメンなら平気なんだけど、
      おじいちゃん先生だからなぁ(←オイッ!)


 




ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

             50-osu-anime.gif





関連記事
スポンサーサイト



Comments

post
Comment form
Copyright © むっか(mukka)