スピーチ (2159)



     ナルの帰宅時間は普段は夕方4時半、
     写真部の活動がある日は夕方6時半なのです。

     写真部の活動がある日、7時すぎてもナルが
     帰宅しないので心配していると、
     自宅の電話が鳴り・・・・


私 「もしもし。」

ナルあぁ、俺だ!
    写真部の活動でいろいろあって
    遅くなってしまったが、今から帰る!」



    e2159.gif


私 「いきなり『俺だ!』って言われても・・」

ナル「オイオイ、耳まで老化か?
    公衆電話だからもう切る!じゃ!」

     (^◇^;) 老化じゃねーよ!
          オレオレ詐欺みたいだから
          名をちゃんと名乗れって!


・・・・・15分後・・・・


ナル「ただいま~。(・∀・)
    あさって、俺が全校生徒の前で
    スピーチすることになったぞ!」

私 「えーーーーっ!なんで?」

ナル「うちの高校の写真部は実は
    じゃなくて写真同好会だったんだが、
    部員も増えたし活動もいろいろしてるし・・・
    今度正式に部に昇格されるんだ。
    全校集会のときに、部長である俺が
    5分間くらいスピーチした後、
    全校生徒の了解をとってから
    部になる手はずだ!」(・∀・)ニヤリ

私 「ス、スピーチ?いつ?」

ナル「あさってだ!先生が言い忘れてたらしい。」

私 「えーーーー!
    じゃ、すぐにスピーチ練習しなきゃ!
    どんなことを話すの?原稿はできた?」

ナル「言うべきことはメモにまとめたが、
    原稿はまだできてない。
    俺はトイレに行ってくるから、
    興味があるならメモを見てもいいし
    原稿作りを手伝ってくれてもいいゾ。」


    メモを見ると、
    あいさつ、部員の数、
    去年の活動の箇条書き、
    部になりたい理由(?)と書いてあり


     (;´Д`) 理由がって・・・オイオイ!
          仕方ない、手伝ってやるかぁ


・・・10分後・・・


私 「トイレ、長かったね~。
   スピーチ原稿、できたよ。はい!」

ナル「もうできたのか?早い!
   ママはそういう機関で
   訓練を受けたことがあるのか?


私 「どんな訓練だよ!(笑)
    ナルのメモ書きを文章にしたのと、
    今年は写真甲子園に出場したいから
    部になって頑張りたいということ、
    写真甲子園の簡単な説明文を入れて
    簡単にまとめただけだよ。
    これでいいか読んでみて。」

ナル「フム・・・よいではないか。

     (^◇^;) 偉そうだな、オイ!


私 「先生に明日この原稿を見せて
    チェックしてもらってね。
    あ!もし先生に
    『これ、おうちの人が考えたの?』
    って聞かれたら、
    『母と一緒に考えました』か
    『自分で考えました』って答えるといいよ。」

ナル「大丈夫だ。もし聞かれたら
    その道のプロに考えてもらいました
    って答えておく。」

     ヾ( ̄□ ̄)ツ プロじゃねーよ!




     息子よ、
     母が考えた文章を褒めてくれるのは
     嬉しいけれど、プロという言葉は絶対に
     使わないでください。
     プロっちゅうもんは、すごいんだぞーー!






ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

  
 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
837位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: