部員へのプレゼント(2173)



   ある日のできごと。


ナル「ただいま~。」(・∀・)

私 「おかえり。帰り、遅かったね。
    あれっ?その袋、な~に?」

ナル「ケーキ屋のクッキーだ。
    高校の帰りに寄り道して買ってきた。
   このクッキーは、明日
   高校へ持っていく物だから
   絶対に食べないように!
」(・∀・;)


    e2173.gif


私 「はいはい。」

ゆめ「はいはい。
    高校にクッキー持っていっていいの?」

ナル「いいんだよ。
    写真部の先生が、
    『次の活動日はA子さんの誕生日だから
     誕生日プレゼントを持ってきてあげよう』
    って言ったんだから。」

私 「でも、クラスメートに見つかったら
    ヤバイんじゃない?」

ナル「朝のホームルームで
    担任に貴重品を預けるときに、
    写真部のグッズの入ったバッグを
    預けるから、それに入れておく。
    これで放課後まで大丈夫だ!」(・∀・)

私 「なるほど。
    ところで、どんなクッキーを買ったの?」

ナル「チーズ味、チョコ味もあったんだが・・・
    本人の好みが全くわからないから
    プレーン味のクッキーにした。
    値段も300円と手ごろだしな。」

私 「ほほう。ちょうどいいね♪」

ナル「だろ?(・∀・)キラッ
    おととい先生に言われて、
    昨日一日ずっと考えてたからな。
    もし本人が『いらない』って遠慮しても、
    俺が食べればいいかと思って♪」

      (^◇^;) つまり自分の好きな味を
            買ったってことか!


  翌朝、ナルはクッキーをバッグに入れ、
  にこにこしながら登校したんです。

  その日の夕方、


ナル「ただいま~。」(・∀・)

私 「おかえり。プレゼント、どうだった?」

ナル「ああ、受け取ってもらえた。
    だが、しかし!

私 「何か問題があったの?」

ナル「写真部の部員達は誰も
   プレゼントを持ってきてなかった。」


私 「えーーー!!」 ( ̄Д ̄;;

ゆめ「ナル君だけがプレゼント渡したの?
    それって恋愛フラグがたったんじゃ・・」

ナル「ない!」

私 「いや~、わかんないよ~?」(ニヤリ)

ナル絶対にない!
    部員のAさんにプレゼントを渡す時、
    空気を読んだ俺が
    『これを受け取ったからには、
    写真部の活動日は毎回必ず
    参加してもらうぞ。ククク。』

    って言ったら、皆が爆笑したからな。」


     щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!



    息子よ、それは空気を読んだとは
    いえないと思うぞ?
    (空気があったまったとは思うが)


    ナルは写真部の先生に
    「ナル君が部長で本当によかった」
    と褒められてご機嫌でした。
    よかったね、ナル。(^◇^;) 





ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

  
 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
580位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: