Gとクモ(2340)



    自分の部屋で勉強していたゆめが
    小走りでリビングにやってきて


ゆめ「私の部屋にゴキブリがいた!」

ナル「ひぃーーー!無理無理!」(||゚Д゚)

ゆめ「誰もお前には頼んどりゃせん!
    ママ、一緒にやっつけて!
    ママがまずスプレーして!
    私が逃げるゴキの行方を追うから!」

私 「はいはい。」


   というわけで、ゆめの部屋へ。


ゆめ「あっ!まだ同じ場所にいる!
    ベッドのそばの壁だよ!」

私 「はいはい。」

    プシュ~~~!(ゴキジェット)


    e2340.gif


ゆめ「ママ、ナイス♪(´▽`)
   ゴキブリがゴミ箱に落ちた!」

私 「随分あっけなかったねぇ。
   弱ってたのかも。
   ゆめ、ゴミ箱を一階に持っておりて
   生ゴミ用の袋に捨てておきなさいよ。」

ゆめ「は~い♪後で捨てておくね。
   スプレーの臭いが充満してるから、
   リビングで勉強しようっと。」


・・・数時間後・・・


ナル「そろそろ寝るか。おやすみ。」(・∀・)

ゆめ「もうこんな時間か。私も寝ようっと♪」(´▽`)

私 「ゆめは寝る前に、ゴミ箱!」

ゆめ「あ~、はいはい。すぐ持ってくる。」


    しかし、いつまでたっても来ず・・・・


    (ゆめ、寝ちゃったのか。
     しかし、ベッドのすぐ横にアレがあるのに
     よく平気で眠れるなぁ)


    ギイッ!(リビングのドア)


私 「あれっ?ナル、どうしたの?」

ナル「マクラの代え、ある?」

私 「いや、ないよ。マクラ汚しちゃったの?
   よだれのシミがいっぱいできたとか?」

ナル「よだれなんか垂らしてない!
   ・・・クモが・・・ピョンピョングモが
   俺のマクラの上を歩いてたんだ。
   こんなマクラじゃ眠れない。」・゚・(ノД`;)・゚・

     ∑(゚Д゚)ハァ!?

私 「ピョンピョングモでしょ?
   気にしない気にしない♪
   まあ、でもどうしても嫌なんだったら
   マクラの上にタオルでも置いたら?」

ナル「そんなんじゃ全然ダメだ!
   あのマクラはもう使えない!

     ε-(ーдー)ハァ

私 「とにかく、マクラの代えは無い!
   少しは我慢しなさいっ!
   ・・・まったくもう!
   ゆめなんて、ゴキブリの死骸が
   ベッドのマクラの真横にあるのに
   平気で寝てるんだよ!?
   ナルもそのくらい豪快になってよ。」

ナル「えーーーっ!(。´Д⊂)
   ゴキブリの死骸の横なんて
   無理無理無理無理ーー!
   
死んだほうがマシだよtっ!


    (;´Д`) おおげさだなぁ、もう!




    深夜に二人の部屋をのぞくと・・・

    ナルはマクラを自分の部屋の外に出し、
    バスタオルをマクラにして眠ってました。
    はぁ・・・繊細すぎるぜ。

    ゆめはベッドの横にゴミ箱を置いたまま、
    グーグー眠ってました。
    はぁ・・・少しはGの死骸を気にしろよ!







ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
505位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: