手話教室・その2(2448)


   4月から1年間、ナルと私は手話教室に
   通うことにしたのです。

   手話教室2回目は欠席者が多く、



私 「あれっ?あの子、いないね。
   前回、ナルとたくさん話してた男の子。」

ナル「ああ、あいつは今日休みだって。
    さっき、先生が俺に教えてくれた。
    友達でもなんでもないのに、なんでだ?」


      (^◇^;) オイオイ


私 「前回 二人はよくしゃべってたし、
   気があってたふうに見えたから
   教えてくれたんだよ。」

ナル「気があってた・・・のか?(・∀・;)
    俺は、アイツが話しかけてくるから
    礼儀正しく対応していただけだが。」


      (;´Д`) さいですか


私 「とりあえず、今日は私が隣にすわっていい?
   あっ!母親の隣にすわるのは恥ずかしい?」

ナル「すわってもいいぞ。
    母親の隣が恥ずかしいくらいなら、そもそも
    同じ教室に通ったりはしない。」(きっぱり)

私 「それもそうだね。ハハハ!
   でも、私のほうがなんか気恥ずかしいから
   少し離れた席にすわるよ。」

ナル「そうか。わかった。」(・∀・)



・・・手話教室終了後・・・


   手話教室用の名札を受付に返している時、
   同じ教室のオバチャンが話しかけてきて


オバ「(私達名札の苗字を見て)
    もしかして、親子で通っているんですか?」

私 「ええ、そうです。」
   私が息子を強引に誘ったんですよ。」

オバ「まあ!
    息子さん、お母さんと一緒に来るのを
    嫌がらないなんて偉いわねぇ~。
    息子さんは 高校生ですか?

ナル「ちがいます!」


    e2448.gif


     (^◇^;) ナル、童顔だからなぁ



オバ「あら、そうだったの~?
    じゃ、高校卒業したとこの学生さん?」

ナル「高校卒業して1年たちました。
    今は 専門学校に通っています。」

オバ「あら、そうなの~?
   学校の帰りに来るのは大変でしょ?
   時間的に余裕がないんじゃない?」

ナル「だいじょうぶです。
    しかし、専門学校の授業が来月からは
    延長になることがあきらかになったため、
    手話教室の開始時間に間にあうかどうか
    微妙なところです。
    場合によっては遅刻するかもしれません。
    その際はご迷惑をおかけするかも
    しれませんが、
どうかご容赦ください。


      (_△_;〃 ドテッ!


     息子よ、
     「礼儀正しい対応」はいいことだが
     お前の対応は硬すぎるんじゃぁーー!





      ナル先生の次回作(手話教室ネタ)に
      ご期待ください。

      いや、何もないほうがいいんだけどね(ノд-。)


 




ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
440位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: