手話教室・その3(2455)

     
    ナルと私は4月から手話教室に通っていて
    今回が5回目。

    講義が始まる直前、ナルの後ろに席に
    A君(よくしゃべる大学生)がすわり・・・



A 「おっす!ナル!(大声)
   ナル、いつも来るの早いなぁ。
   専門学校の授業、何時まで?」

ナル「ダイタイ 5時半 クライ カナ。」

A 「そっかぁ~。オレ、大学で6時10分まで
   授業があるんだよね~。
   だから、ここに来るのギリギリだよ~。」

ナル「ナルホド。ソレハ タイヘンダナ。」


    (^◇^;) A君はフレンドリーなのに・・・
         ナル、かたい!かたすぎる!


先生「それでは講義をはじめま~す。
    みなさん、仕事やら学校やらで
    いろいろお疲れのことと思いますが、
    寝ないようにしてくださいね~。」

A 「ははは!俺、やべ~!
   今日、めっちゃ眠いんだよね~。」


    (^◇^;) いや、A君がフレンドリー
         すぎるのかもしれないな。


・・・50分経過・・・


先生「指文字の『い』(小指だけ立てる)は
    女性をあらわす手話ですが、
    自分の頬をさわってから手前にだすと
    『自分の母親』、
    おなかから前に出すと『自分の娘』、
    胸元から上にあげると『姉』で
    下げると『妹』です。やってみてください。」

A 「なるほどなるほど~。」

ナル「・・・・」


    さっきまで手を動かしていたナルが
    急に動かなくなったので見てみると、



    e2455.gif


     (#`-_ゝ-)ピキ

      みんなが一生懸命
      手話の練習してるのに、
      ナルのヤツ、眠ってやがる!




私 「ナル・・・ナル・・・・」(小声。指でツンツン)

ナル「はうあっ!」(゚Д゚;)

私 「しずかに!ビビリすぎだよ!」

ナル「す、すみません。すみません。」(ぺこぺこ)


     (;´Д`) ビビリすぎ。
          俺は鬼教官かっ!
 


・・・手話教室終了後・・・


私 「ほんとに、もう!
   突然ねないでよね!はずかしい!」

ナル「すまん。寝る気はなかったのだが。」(・∀・;)

私 「少しは寝ないように努力してよ!」

ナル「・・・わかった。
  だが、人は努力だけでは
  どうにもならないことがある。
  その点を理解してくれ!」



    ヾ(*`Д´*)ノ なんだよ、それっ!

     また寝る気マンマン
じゃねーか!




   手話教室はいつも手を動かしているから
   眠る人はほとんどいないんだけどなぁ。
   (眠いと言ってたA君も寝てないし)


   息子よ、
   次こそは眠らずに講義を受けてくれーー!
   母さん、肩身がせまいんだよ・・・とほほ。


   




ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3798位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
471位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: