学園祭での会話(2481)


    ナルの専門学校の学園祭の日の出来事。
    (ナルのクラスは焼きそば販売でした)

    ナルが当番(焼きそばを作る係)の時間帯に
    私とゆめが学園祭の会場に行ったんですが、
    ナルの姿はどこにもなく・・・


ゆめ「あっ!ナル君、あんなところにいた!
    女の子と話してるよ。どうする?声をかける?」

私 「いや、恥ずかしいだろから声はかけない。
   というか、ナルの素の姿が見たいから
   こっそり尾行しよう。」

ゆめ「いいね♪」(´▽`)


    ナルは女の子Aと話した後、
    クッキー売り場に歩いていき
    そこの女の子と楽しそうに話し始め


     e2481.gif


     ∑( ̄Д ̄;) また女の子・・・
              ナルのヤツめ、
              なかなかやりおる



    私たちがニヤニヤ見ていると
    ナルが気付いて小走りでやってきて、


ナル「なんだ。いたのか。」(むだにいい声で)

ゆめ「なんだ いたのか(モノマネ)じゃねーよ!
    焼きそば作ってるんじゃなかったの?」

ナル「いや、実は、焼きそばは大好評で
    あっという間に材料がなくなってしまったんだ。
    だから、俺は焼きそばを作ることなく
    後片付けだけして、今はフリータイムだ。」

ゆめ「はやっ!」

私 「ナル、女の子といっぱい話してるのを見たよ~。
   女の子と話すのもいいけど、
   男子とも少しは話しなさいよ。」

ナル「女子はよく俺に話しかけてくるからな~。
    気が付けばいつも女子と話してるんだ。」

ゆめ「でた!モテ自慢!」

ナル「いや、モテてるわけではない。」(・∀・;)

私 「女子から全く話しかけられない男もいるから、
   モテ自慢ととらえられる可能性はある。
   言動には気をつけなさい。」

ナル「好んで女子と話してるわけじゃない。
   仕方なく話してるんだがなぁ。」


     (^▽^;) だから、モテ自慢やめろって!


ゆめ「仕方なく~?
   いやいや、違うでしょ~!
   結構いっぱい話してたし~。」
(ニヤニヤ)

ナル「女子に話しかけられたら、
   丁寧に対応するのは当たり前だ。」


私 「ナル、なかなかジェントルマンやね。」

ナル「そういうのではない!
   女子は優秀で優しい面もあるが
   対応を間違ったら大変なことになるから、
   必死で頭を働かせて対応してるんだ。
   だれだって、
猛獣にむかって
   素手で立ち向かったりしないだろ?」



     ヾ(*`Д´*)ノ 女はみんな猛獣かよっ!




      ・・・そういう面があることは否定しないけど。(笑)



      猛獣(ゆめ&私)に囲まれて育った子ヤギ(ナル)よ、
      女子トークが得意になってよかったではないか。
      その調子でこれからも頑張ってくれたまえ!(偉そう)






ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

        
 



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナルくん、やりますね!
女の子と仲良く話せるって素晴らしいですよ。女の子に嫌われるタイプは苦労するからね。

Re: タイトルなし

ありがとう。ヽ(´▽`)/
そんなふうに言っていただけると救われる気がします。

ナルは女性の多い職場でも
うまくやっていけるかもしれません。
女性たちの「オモチャ&イジられ役として。
でも、いいのだ!
それでいいのだ~♪それでいいのだ~♪
ボンボンバカボン バカボンボン~♪(^∇^)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2872位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
382位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: