青春の楽器店(2492)


   昔よく行っていた楽器店が閉店するというので、
   BAND仲間5人全員で行って
   スタジオで練習しようということになり、
   ゆめとナルもついてきたのです。



・・・練習スタジオ内・・・


ゆめ「こんにちは~。」(´▽`)
ナル「こんにちは。」 (・∀・;)

仲間「うわ~~!大きくなったねぇ。
    スタジオの中を見るの、初めて?」

ゆめ「はい。(´▽`)
    スピーカーがいっぱいある~♪
    スピーカーって1個だけ使うんだと思ってた。
    どこから声がでるんですか?」

ナル「あの・・・ドラムの下の方に
    穴があいてるんですが、
    これは壊れてるんですか?」(・∀・;)


     (^▽^;) 質問がいっぱい・・・
          まるで社会科の見学だな



    ゆめとナルは2曲だけ見学。
    その後、シャレなカフェでお茶してきて
    BAND練習が終わる頃もどってきたのです。


私 「ちょうどよかった!
   楽器店の前で、集合写真撮って!」

仲間「ナル君、デジカメ持ってきてくれたの?
    わざわざ持ってきてくれて、ありがとう~!」

ナル「いえ、母に命令されたので仕方なく。」


      ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
             いらんこと言うな!


私 「ゆめ、前髪がハゲてないように見せたいから
   髪と帽子のチェックしてくれる?
   いい感じに調整して!」

ゆめ「いくら調整してもハゲはハゲ!
    ないもんは、どうにもならんわっ!」

仲間「でたっ!毒舌!」(爆笑)

私 「そこをなんとか!」

ゆめ「はいはい・・・できたよ。」

ナル「じゃあ、とります。3・2・1」


        パシャッ♪


     e2492-seisyun.gif    



私 「うわっ!私、ふとってる!
   痩せて見えるように体を斜めにしたのに
   ぜんぜん意味なかったーーー。」


ゆめ「今さら気付いたのか!遅いわっ!」

仲間「また毒舌でたーー!(爆笑)
    私、ゆめちゃんの毒舌のファンなのよ。
    もっともっと言って!聞きたいーー!」

ゆめ「えっ?ファン?」

私 「仲間はむかふ~ん日記を読んでるの。」

ゆめ「うわーーー!
    私、最近、日記を読んでないんだけど、
    どんなこと書いてるの?」

私 「ゆめについて?
   毒舌、きたない、くさい!

ゆめ「なんだよ、それっ!?」

ナル「事実だから仕方ない。」(きっぱり)

ゆめ「くっそーーー!」ヾ(。`Д´。)ノ

仲間「ははははは!」(^∇^)



     おとなしい良い子の仮面をかぶっていたのに
     正体がバレて悔しがるゆめでした~。


     24年ぶりのスタジオ練習はとても楽しかったです。
     青春の思い出が蘇って涙がでるかと思ってたけど、
     楽器を弾くのに必死 & ミスして冷汗の連続で
     涙がでる暇もありませんでした。

     BANDっていいな~。仲間っていいな~。(´▽`)


    
     【追記】

     数日後、ナルが
     「ママのバンド、思ってたより本格的だったな」(・∀・)
     という感想を述べてました。
     息子よ、たまにはいいこと言うじゃないか!(感激)





ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいですヾ(´▽`*)

                   



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
My page
最新コメント
プロフィール

むっか(mukka)

Author:むっか(mukka)

漫画・アニメ・ゲームが大好きな
オバチャンです。
娘(ゆめ)と息子(ナル)と、田舎で
のんびり仲良く暮らしてます。

2002年から絵日記をかいてます。
(詳しくは こちら

よかったら、掲示板★にも
コメントしてね。(´▽`)

Amazon人気ゲーム Top 10
FC2カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
505位
アクセスランキングを見る>>
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: